SIEファースト・セカンドタイトルをまとめてみた【PS4編】

  • URLをコピーしました!

Playstation StudiosとはSIE子会社のゲーム開発会社群からなるブランド名です。Santa monica studioなどのSIE自身が設立した子会社と、Naughty dogなどのSIEが買収した子会社で構成されています。

これらのスタジオが開発した作品はファーストパーティタイトルと呼ばれ、Playstationというハードの普及を引っ張る役割を担っています。

一方で、Death StrandingのKojima ProductionsのようにSIEの直接傘下ではないものの、パートナーシップ契約によりSIEから出資を受けてゲーム開発する会社もいます。

この記事では、Death StrandingのようなSIEパブリッシングタイトルをセカンドパーティタイトルと呼ぶことにします。

これらのセカンドタイトルもSIEにとっては重要な弾だと言えるでしょう。毎年良質な弾を多数用意してPlaystationを盛り上げてハード戦争を勝ち抜く戦略です。

この記事では、SIEが毎年どういったラインナップで勝負してきたか振り返ってみます。

ゲームのブログ
SIEファースト・セカンドタイトルをまとめてみた【PS5編】 | ゲームのブログ SIE PlayStation Studiosの主力スタジオによるストーリードリブンAAAタイトルにはファンが多いです。しかし、Jim Ryan元CEO体制末期の戦略ミス影響を受けてタイトル発表ペ...

本記事 ( PS4 ) と次の記事 ( PS5 ) の内容をまとめたテーブルです。好きな属性で自由にソートもできるので、良ければこちらもご覧ください。

タイトルプラットフォームリリース年開発元ジャンル1st or 2ndMetascore備考
KILLZONE SHADOW FALLPS42014Guerilla GamesFPS1st73PS4ローンチタイトル
inFAMOUS Second SonPS42014Sucker Punch Productionsアクションアドベンチャー1st80
The Last of Us RemasteredPS42014Naughty Dogアクションアドベンチャー1st95・リマスター
・オリジナル版は2013年の最多GOTY
inFAMOUS First LightPS42014Sucker Punch Productionsアクションアドベンチャー1st73DLC
The PlayroomPS42014Japan Studioミニゲーム集1st・PS4ローンチタイトル
・Metascore無し
KnackPS42014Japan Studioアクションプラットフォーマー1st54PS4ローンチタイトル
ResogunPS42014Housemarque ( 買収前 ) シューティング2nd84PS4ローンチタイトル
BloodbornePS42015Japan Studio × FromSoftwareアクションRPG1st92
Uncharted
: The Nathan Drake Collection
PS42015Bluepoint Games ( 買収前 ) アクションアドベンチャー2nd86リマスター
Bloodborne The Old HuntersPS42015Japan Studio × FromSoftwareアクションRPG1st87DLC
GRAVITY DAZEPS42015Bluepoint Games ( 買収前 ) アクションアドベンチャー2nd80リマスター
God of War III RemasteredPS42015Wholesale Algorithmsアクションアドベンチャー2nd81リマスター
HelldiversPS42015Arrowhead Game Studiosシューティング2nd81
Uncharted 4
: A Thief’s End
PS42016Naughty Dogアクションアドベンチャー1st93最多GOTY
Ratchet & ClankPS42016Insomniac Games ( 買収前 ) TPSプラットフォーマー2nd85
人喰いの大鷲トリコPS42016Japan Studio × genDESIGNアクションアドベンチャー1st82
AlienationPS42016Housemarque ( 買収前 )アクションRPGシューター2nd79
GRAVITY DAZE 2PS42017Japan Studioアクションアドベンチャー1st80
Horizon Zero DawnPS4 / PC(2020)2017Guerilla Gamesオープンワールド
アクションRPG
1st89最多GOTY次点
Uncharted
: The Lost Legacy
PS42017Naughty Dogアクションアドベンチャー1st84DLC
グランツーリスモSPORTPS42017Polyphony Digitalレースゲーム1st75ライブサービス型
Horizon Zero Dawn
: The Frozen Wilds
PS4 / PC(2020)2017Guerilla Gamesオープンワールド
アクションRPG
1st83DLC
仁王PS4 / PS5(2021) / PC(2017)2017Team NINJAアクションRPG2nd88
Knack IIPS42017Japan Studioアクションプラットフォーマー1st69
MatterfallPS42017Housemarque ( 買収前 )シューティング2nd79
God of WarPS4 / PC(2022)2018Santa Monica Studioアクションアドベンチャー1st94最多GOTY
Detroit: Become HumanPS4 / PC(2020)2018Quantic Dreamアドベンチャー2nd78
Marvel’s Spider-ManPS42018Insomniac Games ( 買収前 )オープンワールド
アクションアドベンチャー
2nd87
Marvel’s Spider-Man
: The City That Never Sleeps
PS42018Insomniac Games ( 買収前 )オープンワールド
アクションアドベンチャー
2nd76・70・75DLC
ワンダと巨像PS42018Bluepoint Games ( 買収前 )アクションアドベンチャー2nd91リメイク
Days GonePS4 / PC(2021)2019Bend studioオープンワールド
アクションアドベンチャー
1st71
Death StrandingPS4 / PC(2020)2019Kojima Productionsオープンワールド
アクションアドベンチャー
2nd82
The Last of Us Part IIPS42020Naughty Dogアクションアドベンチャー1st93最多GOTY
Ghost of TsushimaPS42020Sucker Punch Productionsオープンワールド
アクションアドベンチャー
1st83
Demon’s SoulsPS52020Bluepoint Games ( 買収前 )アクションRPG2nd92PS5ローンチタイトル
Marvel’s Spider-ManPS5 / PS4 / PC(2022)2020Insomniac Games ( 買収後 )オープンワールド
アクションアドベンチャー
1st85・PS5ローンチタイトル
・PCポートはNixxes Software担当
Marvel’s Spider-Man RemasteredPS5 / PC(2022)2020Insomniac Games ( 買収後 )オープンワールド
アクションアドベンチャー
1st87・リマスター
・PCポートはNixxes Software担当
仁王2PS4 / PS5(2021) / PC(2021)2020Team NINJAアクションRPG2nd85
Astro's PlayroomPS52020Japan Studioプラットフォーマー1st83PS5ローンチタイトル
ReturnalPS5 / PC(2023)2021Housemarque ( 買収前 )ローグライクTPS2nd86
Ratchet & Clank
: Rift Apart
PS5 / PC(2023)2021Insomniac Games ( 買収後 )TPSプラットフォーマー1st88PCポートはNixxes Software担当
Ghost of Tsushima
Director’s Cut
PS5 / PS4 / PC(2024)2021Sucker Punch Productionsオープンワールド
アクションアドベンチャー
1st87PCポートはNixxes Software担当
Death Stranding Director’s CutPS5 / PC(2022)2021Kojima Productionsオープンワールド
アクションアドベンチャー
2nd85
Uncharted
: Legacy of Thieves Collection
PS5 / PC(2022)2022Naughty Dogアクションアドベンチャー1st87リマスター
Horizon Forbidden WestPS5 / PS4 / PC(2024)2022Guerilla Gamesオープンワールド
アクションRPG
1st88
グランツーリスモ7PS5 / PS42022Polyphony Digitalレースゲーム1st87ライブサービス型
The Last of Us Part IPS5 / PC(2023)2022Naughty Dogアクションアドベンチャー1st89リメイク
God of War RagnarökPS5 / PS42022Santa Monica Studioアクションアドベンチャー1st94最多GOTY次点
Horizon Forbidden West
: Burning Shores
PS5 / PC(2024)2023Guerilla Gamesオープンワールド
アクションRPG
1st82DLC
Marvel’s Spider-Man 2PS52023Insomniac Games ( 買収後 )オープンワールド
アクションアドベンチャー
1st90
God of War Ragnarök
: Valhalla
PS5 / PS42023Santa Monica Studioアクションアドベンチャー1st88DLC
The Last of Us Part ll RemasteredPS52024Naughty Dogアクションアドベンチャー1st90リマスター
Helldivers 2PS5 / PC(同発)2024Arrowhead Game Studios協力型TPS2nd82ライブサービス型
Rise of the RoninPS52024Team NINJAオープンワールド
アクションアドベンチャー
2nd76
Stellar BladePS52024Shift Upアクションアドベンチャー2nd82
目次

2014年【PS4 1年目】

PS4は2013年末のホリデーシーズンに合わせて発売された地域が多いですが、日本では2014年2月にようやく発売されました。この記事では2014年をPS4の1年目として扱うこととします。

以下、SIE ( 当時はまだSCE ) の主要なファースト・セカンドタイトルを挙げていきます。日本の発売日順に並べています。

2014/2/22
KILLZONE SHADOW FALL【PS4】 / Metascore:73

今ではHorizonシリーズで有名なGuerilla GamesがPS2~3時代に展開していたFPSタイトルです。ナンバリング4相当である本作はPS4のローンチタイトルとしてリリースされました。

縦マルチではなく、PS4独占です。

2014/5/22
inFAMOUS Second Son【PS4】 / Metascore:80

Sucker Punch ProductionsがPS3時代に展開していたアクションアドベンチャーの最新作。ナンバリング3相当の本作はローンチには間に合わずでしたが、1年目のキラータイトルとしてPS4を牽引しました。

本作も縦マルチではなくPS4独占です。PS4への移行を強気に促しています。

2014/8/21
The Last of Us Remastered【PS4】 / Metascore:95

Naughty DogがPS3最終年に発表した新規IPアクションアドベンチャーリマスター。前年にGame of the yearを総なめにした傑作がさっそくPS4にやってきた形です。追加エピソードDLC「Left Behind」同梱。

本作はPS4の定番ソフトとしてロングセラーになりました。

2014/9/11
inFAMOUS First Light【PS4】 / Metascore:73

同年に発売されたinFAMOUS Second Sonの前日端DLC。本編では主人公の仲間キャラだったフェッチが主人公を務めました。

2014年はゲリラとサカパンによる既存IP最新作でスタートダッシュを図った年でした。ただ、今振り返ってみると前世代リマスターであるラスアスの方が存在感あります。

Japan Studioが手掛けたThe Playroom ( PS4にプリインストールされている作品 ) やKnackなどもPS4のローンチタイトルでした。Knackは評価低かったのですが、なぜかKnack II ( 2017 )も開発されました。

また今ではReturnalで有名なHousemarqueによるResogunもPS4ローンチタイトルでした。Alienation ( 2016 )Matterfall ( 2017 )と、いずれもオンライン専売低価格ソフトですが、SIEパブ作品を数多くリリースしました。

2015年【PS4 2年目】

2015/3/26
Bloodborne【PS4】 / Metascore:92

Demon’s Soulsでいちジャンルを開拓したJapan Studio × FromSoftwareのタッグによる傑作アクションRPG再び。のちにJapan Studioが閉鎖されてしまったため、本作がタッグ最終作になってしまいました。

居並ぶソウルシリーズ・ソウルライクの中でも特段の人気を誇る1作で、リメイクを求める声が絶えない傑作です。

2015/10/8
Uncharted: The Nathan Drake Collection【PS4】 / Metascore:86

アクションアドベンチャーの名作アンチャーテッド1~3のリマスターがセットになった一作。邦題は「アンチャーテッド コレクション」。

オリジナルはNaughty dog開発でしたが、本リマスターはBluepoint Gamesが開発。ちなみに当時のブルーポイントはまだ買収される前です。

翌年にアンチャ新作が控える中、PS4から入った新規ユーザーにとってフランチャイズの入り口になりました。

2015/11/24
Bloodborne The Old Hunters【PS4】 / Metascore:87

本編の8カ月後にリリースされた拡張DLC

DLCをもってBloodborneは完成したと言われることも多い高評価DLCなのですが、なぜかMetascoreは本編の方が点数が高いです。Metascoreは参考程度に捉えるべきですね…。

2015/12/10
GRAVITY DAZE / 重力的眩暈:上層への帰還において彼女の内宇宙に生じた摂動【PS4】 / Metascore:80

Japan Studioが2012年にPlaystation Vita向けに発表したアクションアドベンチャーのPS4向けリマスター。開発はアンチャコレクションと同じくBluepoint Gamesが担当しています。

ちなみにグローバルではGravity Rushとして知られていて、超長い副題は無くなってしまっています。

2015年Japan StudioとBluepoint Gamesが目立った年でした。

この年はGod of War III Remasteredも発表されており、全体的に旧世代の名作リマスターで凌いだ印象です ( ちなみにGoWはブルーポイントの開発ではありません ) 。

その他には、続編がPS5世代で大ヒットしたHelldiversの1作目リリースもこの年でした。

2016年【PS4 3年目】

2016/5/10
Uncharted 4: A Thief’s End【PS4】 / Metascore:93

Naughty DogによるPS3時代のIP最新作。プレイする映画と呼ばれる傑作アクションアドベンチャーシリーズの集大成として制作されました。

本作はこの年の最多GOTYに輝いた名作です。個人的な印象ですが、PS4が勢いづいてきたのはこの頃からだと思っています。

2016/8/9
Ratchet & Clank【PS4】 / Metascore:85

ラチェット&クランクはInsomniac GamesがPS2に展開していたIPで、日本でもそこそこの知名度が当時からあったように思います。ジャンルはTPSプラットフォーマー

PS3以降リアル調の新規IPに移行するスタジオが多い中、インソムニアックはPS3以降も毎世代ラチェクラをリリースしています。本作は副題が無いリブート的な一作でした。

ちなみに当時のインソムニアックはまだ買収前です。

2016/12/6
人喰いの大鷲トリコ【PS4】 / Metascore:82

Japan Studio × genDESIGNのタッグによるアクションアドベンチャー。ジェンデザインはICO・ワンダと巨像をディレクションした上田文人氏が設立したスタジオで、本作は上田氏最新作として長らく注目されていました。

初報が2009年だったので相当の難産 ( あるいは初報が早すぎた ) でしたが、しっかり評価された作品です。

2016年はNaguhty dogによる最高品質の一作が発表され、PS4が本格化した年でした。昨年はリマスターによるお茶濁しの印象でしたが、本年はしっかりと新作が供給された印象です。

また、この年はPlaystation VRがリリースされた年でもあります。Japan studioやLondon studioがローンチタイトルを供給しましたが、この記事では省略します。

2017年【PS4 4年目】

2017/1/19
GRAVITY DAZE 2 / 重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択【PS4】 / Metascore:80

シリーズ2作目にして最終作となった本作は最初からPS4向けに制作されました ( 前作はPSVita ⇒ PS4リマスター ) 。開発は前作のオリジナル版を制作したJapan Studioが引き続き担当。ジャンルはアクションアドベンチャー

ディレクターは前作に引き続き外山圭一郎氏です。氏はSILENT HILLとSIRENでも知られており、Japan studio閉鎖の少し前に独立しています。

2017/3/3
Horizon Zero Dawn【PS4 / PC(2020)】 / Metascore:89

Guerilla Gamesの代表作となった新規IPオープンワールド・アクションRPG。この時期はオープンワールドが業界のトレンドになっていたのですが、SIEは本作でようやくその流れに乗りました。

惜しむらくは、ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルドと発売日とジャンルが被ってしまったことです。本作はこの年のGOTY次点でしたので、ブレワイさえなければとGuerillaは歯嚙みしていたと思われます。

2017/9/14
Uncharted: The Lost Legacy【PS4】 / Metascore:84

前年にリリースされたアンチャーテッド4の追加ストーリーDLC

DLCとしては大ボリュームで、スタンドアローン版も発売されました。アンチャシリーズの主人公は今までネイトが務めてきましたが、本作ではクロエが主人公を務めました。

2017/10/19
グランツーリスモSPORT【PS4】 / Metascore:75

Polyphony DigitalによるPS4世代のグランツーリスモ。同IPはもはやレースゲームの代名詞として知られています。

前作グランツーリスモ6は2013年末にPS3でリリースされましたが、この2013年末というのは海外では既にPS4が発売されていた時期でした。普通なら縦マルチ、あるいは後発でPS4が出そうなところですが結局出ず。

PS4向けには本作SPORTが開発されていたようで、結局PS4ライフサイクルの中期にリリースと相成りました。ライブサービス型のゲームとして2024年まで運営されました。

2017/11/7
Horizon Zero Dawn: The Frozen Wilds【PS4 / PC(2020)】 / Metascore:83

本編の8カ月後にリリースされた追加ストーリーDLC。邦題がダサいのが未だに気になっています ( Horizon Zero Dawn:凍てついた大地 ) 。なんで無理に訳そうとするんでしょうか…。

ちなみに続編のForbidden Westは最終的には原題がそのまま採用されましたが、当初は「禁じられた西部」と訳されていました。危ないところでした。

2017年Horizonという強力IPが誕生した年でした。また、Japan studio・Poliphony Digitalと日本のスタジオが気を吐いた年でもありました。

ちなみに本年発売の仁王は国外ではSIEによるパブリッシングであり、セカンドタイトルのように扱われています ( 2020年の仁王2も同様 ) 。2024年にリリースされたRise of the Roninは、立ち位置的には仁王の系譜と言えそうです。

2018年【PS4 5年目】

2018/4/20
God of War【PS4 / PC(2022)】 / Metascore:94

PS4 5年目にしてSanta Monica Studioの新作がリリースされました。God of warという強力なアクションアドベンチャーIPのリブートである本作は評価・売上ともに優秀で、この年の最多GOTYに輝きました。

Playstation studioでもオープンワールドの作品が増えつつある時期でしたが、本作はリブート以前から続くリニアな作りを徹底しています。

2018/5/25
Detroit: Become Human【PS4 / PC(2020)】 / Metascore:78

Quantic DreamはPS3時代からPS向けにアドベンチャーゲームを提供してきたスタジオです。本作はその集大成となった一作で、分岐が多すぎてオープンシナリオゲームとまで呼ばれています。

ちなみに本作はSIEパブリッシングタイトルの中で、一番最初に後発PCマルチが実現した作品でもあります。Steam上でのパブリッシングはQuantic Dream自身なので、IP所有権は開発元自身にあるものと思われます。

2018/9/7
Marvel’s Spider-Man【PS4】 / Metascore:87

スパイダーマンという最強の版権が、Insomniac Gamesによって最高品質のゲームに仕上がりました。本作の大成功を受けて、翌年にインソムニアックはとうとうSIEに買収されることになります。

本作はニューヨークを舞台としたオープンワールド・アクションアドベンチャーになっており、街並みが忠実に再現されているため観光気分を味わえます。

何よりウェブスイングによる街中の移動が楽しく、オープンワールドゲームの共通課題である「移動の煩わしさ」に対して1つの回答を提示した作品になりました。

2018/10/23・11/20・12/21
Marvel’s Spider-Man: The City That Never Sleeps【PS4】 / Metascore:767075

本編リリース時にシーズンパスとして販売されていた後日談ストーリーDLC3部作。1つ1つのボリュームは小さいですが、3つまとめると一般的な追加DLC相当のボリュームです。

DLC2 & DLC3は折りたたんでいます

2018年ファーストとセカンドの両方から大作が供給された年でした。特にファーストスタジオの活躍は目覚ましく、一昨年のノーティに続き、本年はサンタモニカがGOTYを取りました。

その他には、Bluepoint Gamesによるワンダと巨像のPS4リメイクがリリースされたのもこの年です。リメイクながらMetascore:91と存在感がありました。

2019年【PS4 6年目】

2019/4/26
Days Gone【PS4 / PC(2021)】 / Metascore:71

Bend Studioによるオープンワールド・アクションアドベンチャー。同スタジオはこれまで携帯機向けにアンチャーテッドなどの既存IPを展開していましたが、本作で据置機向けのAAAタイトルに参入しました。

ここまで挙げてきたSIEのラインナップの中でも特にMetascoreが低くなってしまっていますが、User scoreは8.5と高いです。評価を落としている個所と、好きだと思える箇所がはっきりしている尖ったタイトルです。

2019/11/8
Death Stranding【PS4 / PC(2020)】 / Metascore:82

コナミを退社した小島秀夫氏が設立したKojima Productionsによる新規IPオープンワールド・アクションアドベンチャー。バイオRE2・Sekiroと最多GOTYを争いましたが、僅差でデスストが勝ったと言われています。

独立からたったの4年でリリースされた本作ですが、Guerilla Gamesが開発したDecimaエンジンを利用しています。驚異的な開発スピードはSIEの強力なサポートがあってのことだったようです。

ちなみに本作もSteamへの展開時にSIEパブリッシングが外れました。昨年リリースのDetroitと同じ構図です。

2019年次世代機の情報が小出しに出てきた年でした。PS5に備えてかどうかは分かりませんが、SIEの主要ラインナップはデイズゴーン・デスストのみで少し弾が足りなかった印象です。

一方で、この年は和ゲーの存在感が目立った年でした。この年の最多GOTYはデススト・バイオRE2・セキロによる争いとなりましたが、これらはいずれも和ゲーです。

2020年【PS4 7年目】

2020/6/19
The Last of Us Part II【PS4】 / Metascore:93

PS3世代最後の傑作となったThe Last of Us。奇しくもその続編もPS4最終年のリリースと相成りました。前作同様Naughty Dogによるアクションアドベンチャーです。

2016年に初報のトレーラーが出てから、ファンにとって待望の一作でした。しかし発売当時の現実世界はパンデミックの最中で、そこに本作の容赦ない抉るようなストーリーでしたので「否」が多めの賛否両論となりました。

そうはいってもクオリティ自体は期待通り抜群で、この年の最多GOTYに輝きました。

2020/7/17
Ghost of Tsushima【PS4】 / Metascore:83

2017年のParis Games Weekが初報でしたので、本作も結構待たされた印象です。滑り込みで現世代に間に合いました。Sucker Punch Productionsによるオープンワールド・アクションアドベンチャー

サカパンにとっては、現世代の最初期にリリースされたinFAMOUS Second Son以来の新作になります。PS4はサカパンに始まって、サカパンで締められたと言えるかもしれません。

本作はホライゾン・スパイダーマンと同じオープンワールドです。作中の景観がとにかく壮観で、移動が楽しくなるレベルでした。同じSIE同士でオープンワールドゲームが増えてきましたが、上手く差別化されている印象です。

2020年ラスアス2・ツシマという超大作がPS5リリース直前に滑り込んだ年でした。いずれもPS4のフィナーレを飾るに素晴らしい作品だったと思います。

PS5は次の記事

長くなってしまったので記事を分けています。PS5は次の記事にまとめました。

この記事は一旦以上です!

ゲームのブログ
SIEファースト・セカンドタイトルをまとめてみた【PS5編】 | ゲームのブログ SIE PlayStation Studiosの主力スタジオによるストーリードリブンAAAタイトルにはファンが多いです。しかし、Jim Ryan元CEO体制末期の戦略ミス影響を受けてタイトル発表ペ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次