SIEファースト・セカンドタイトルをまとめてみた【PS5編】

  • URLをコピーしました!

PS5のSIEファーストタイトル・セカンドタイトルをまとめました。別記事にてPS4時代もまとめていますが、その頃と比べてリメイク・リマスターが増えていて、新作が少ない印象です。

また新作と言っても既存IPの続編が多く、手堅く費用回収を狙った守りの姿勢が強くなってきているように感じます。

あわせて読みたい
SIEファースト・セカンドタイトルをまとめてみた【PS4編】 SIEはPlaystation studiosによるファーストタイトル、あるいはパートナーシップ契約を締結してパブリッシング権を得たセカンドタイトルをキラータイトルに掲げてハード戦争を勝ち抜く戦略だと思われます。SIEが毎年どういったラインナップで勝負してきたかまとめてみました。

本記事 ( PS5 ) と1つ前の記事 ( PS4 ) の内容をまとめたテーブルです。好きな属性で自由にソートもできるので、良ければこちらもご覧ください。

タイトルプラットフォームリリース年開発元ジャンル1st or 2ndMetascore備考
KILLZONE SHADOW FALLPS42014Guerilla GamesFPS1st73PS4ローンチタイトル
inFAMOUS Second SonPS42014Sucker Punch Productionsアクションアドベンチャー1st80
The Last of Us RemasteredPS42014Naughty Dogアクションアドベンチャー1st95・リマスター
・オリジナル版は2013年の最多GOTY
inFAMOUS First LightPS42014Sucker Punch Productionsアクションアドベンチャー1st73DLC
The PlayroomPS42014Japan Studioミニゲーム集1st・PS4ローンチタイトル
・Metascore無し
KnackPS42014Japan Studioアクションプラットフォーマー1st54PS4ローンチタイトル
ResogunPS42014Housemarque ( 買収前 ) シューティング2nd84PS4ローンチタイトル
BloodbornePS42015Japan Studio × FromSoftwareアクションRPG1st92
Uncharted
: The Nathan Drake Collection
PS42015Bluepoint Games ( 買収前 ) アクションアドベンチャー2nd86リマスター
Bloodborne The Old HuntersPS42015Japan Studio × FromSoftwareアクションRPG1st87DLC
GRAVITY DAZEPS42015Bluepoint Games ( 買収前 ) アクションアドベンチャー2nd80リマスター
God of War III RemasteredPS42015Wholesale Algorithmsアクションアドベンチャー2nd81リマスター
HelldiversPS42015Arrowhead Game Studiosシューティング2nd81
Uncharted 4
: A Thief’s End
PS42016Naughty Dogアクションアドベンチャー1st93最多GOTY
Ratchet & ClankPS42016Insomniac Games ( 買収前 ) TPSプラットフォーマー2nd85
人喰いの大鷲トリコPS42016Japan Studio × genDESIGNアクションアドベンチャー1st82
AlienationPS42016Housemarque ( 買収前 )アクションRPGシューター2nd79
GRAVITY DAZE 2PS42017Japan Studioアクションアドベンチャー1st80
Horizon Zero DawnPS4 / PC(2020)2017Guerilla Gamesオープンワールド
アクションRPG
1st89最多GOTY次点
Uncharted
: The Lost Legacy
PS42017Naughty Dogアクションアドベンチャー1st84DLC
グランツーリスモSPORTPS42017Polyphony Digitalレースゲーム1st75ライブサービス型
Horizon Zero Dawn
: The Frozen Wilds
PS4 / PC(2020)2017Guerilla Gamesオープンワールド
アクションRPG
1st83DLC
仁王PS4 / PS5(2021) / PC(2017)2017Team NINJAアクションRPG2nd88
Knack IIPS42017Japan Studioアクションプラットフォーマー1st69
MatterfallPS42017Housemarque ( 買収前 )シューティング2nd79
God of WarPS4 / PC(2022)2018Santa Monica Studioアクションアドベンチャー1st94最多GOTY
Detroit: Become HumanPS4 / PC(2020)2018Quantic Dreamアドベンチャー2nd78
Marvel’s Spider-ManPS42018Insomniac Games ( 買収前 )オープンワールド
アクションアドベンチャー
2nd87
Marvel’s Spider-Man
: The City That Never Sleeps
PS42018Insomniac Games ( 買収前 )オープンワールド
アクションアドベンチャー
2nd76・70・75DLC
ワンダと巨像PS42018Bluepoint Games ( 買収前 )アクションアドベンチャー2nd91リメイク
Days GonePS4 / PC(2021)2019Bend studioオープンワールド
アクションアドベンチャー
1st71
Death StrandingPS4 / PC(2020)2019Kojima Productionsオープンワールド
アクションアドベンチャー
2nd82
The Last of Us Part IIPS42020Naughty Dogアクションアドベンチャー1st93最多GOTY
Ghost of TsushimaPS42020Sucker Punch Productionsオープンワールド
アクションアドベンチャー
1st83
Demon’s SoulsPS52020Bluepoint Games ( 買収前 )アクションRPG2nd92PS5ローンチタイトル
Marvel’s Spider-ManPS5 / PS4 / PC(2022)2020Insomniac Games ( 買収後 )オープンワールド
アクションアドベンチャー
1st85・PS5ローンチタイトル
・PCポートはNixxes Software担当
Marvel’s Spider-Man RemasteredPS5 / PC(2022)2020Insomniac Games ( 買収後 )オープンワールド
アクションアドベンチャー
1st87・リマスター
・PCポートはNixxes Software担当
仁王2PS4 / PS5(2021) / PC(2021)2020Team NINJAアクションRPG2nd85
Astro's PlayroomPS52020Japan Studioプラットフォーマー1st83PS5ローンチタイトル
ReturnalPS5 / PC(2023)2021Housemarque ( 買収前 )ローグライクTPS2nd86
Ratchet & Clank
: Rift Apart
PS5 / PC(2023)2021Insomniac Games ( 買収後 )TPSプラットフォーマー1st88PCポートはNixxes Software担当
Ghost of Tsushima
Director’s Cut
PS5 / PS4 / PC(2024)2021Sucker Punch Productionsオープンワールド
アクションアドベンチャー
1st87PCポートはNixxes Software担当
Death Stranding Director’s CutPS5 / PC(2022)2021Kojima Productionsオープンワールド
アクションアドベンチャー
2nd85
Uncharted
: Legacy of Thieves Collection
PS5 / PC(2022)2022Naughty Dogアクションアドベンチャー1st87リマスター
Horizon Forbidden WestPS5 / PS4 / PC(2024)2022Guerilla Gamesオープンワールド
アクションRPG
1st88
グランツーリスモ7PS5 / PS42022Polyphony Digitalレースゲーム1st87ライブサービス型
The Last of Us Part IPS5 / PC(2023)2022Naughty Dogアクションアドベンチャー1st89リメイク
God of War RagnarökPS5 / PS42022Santa Monica Studioアクションアドベンチャー1st94最多GOTY次点
Horizon Forbidden West
: Burning Shores
PS5 / PC(2024)2023Guerilla Gamesオープンワールド
アクションRPG
1st82DLC
Marvel’s Spider-Man 2PS52023Insomniac Games ( 買収後 )オープンワールド
アクションアドベンチャー
1st90
God of War Ragnarök
: Valhalla
PS5 / PS42023Santa Monica Studioアクションアドベンチャー1st88DLC
The Last of Us Part ll RemasteredPS52024Naughty Dogアクションアドベンチャー1st90リマスター
Helldivers 2PS5 / PC(同発)2024Arrowhead Game Studios協力型TPS2nd82ライブサービス型
Rise of the RoninPS52024Team NINJAオープンワールド
アクションアドベンチャー
2nd76
Stellar BladePS52024Shift Upアクションアドベンチャー2nd82
目次

2020年【PS5 0年目】

PS5は2020/11/12に日本や北米で販売開始し、以降ホリデーシーズンの間に世界中の多くの地域で発売されていきました。PS4では日本軽視と揶揄されましたが、PS5は世界最速で供給された形です。

ただ、発売自体はされたものの、信じられない品薄でほとんど誰も買えませんでした。コロナ禍での半導体不足のあおりをPS5も受けることとなってしまい、スタートダッシュには失敗してしまいました。

この記事では2020年をPS5の0年目 ( 翌年2021年を1年目 ) として扱うこととします。以下、SIEの主要なファースト・セカンドタイトルを日本の発売日順に挙げていきます。

2020/11/12
Demon’s Souls【PS5】 / Metascore:92

PS5のローンチタイトルその1。縦マルチ無しのPS5独占タイトルです。PS3時代の名作アクションRPGBluepoint Gamesがリメイクしまして、本作も非常に高評価となりました。

長年SIEと密な関係を築いてきたブルーポイントですが、翌年に買収されてPlaystation stuidios入りとなりました。

2020/11/12
Marvel’s Spider-Man: Miles Morales【PS5 / PS4 / PC(2022)】 / Metascore:85

PS5のローンチタイトルその2。PS4との縦マルチで展開されました。本作はMarvel’s Spider-man ( 2018 ) の続編でして、Insomniac Gamesによるオープンワールド・アクションアドベンチャーというのは前作と同じです。

PS5ローンチに間に合わせるため、逆算でゲーム規模が設計されたと思っています。1作目よりも小規模ですが、PS5の性能を引き出した良タイトルでした。ナンバリングは付いておらず、実質的には1.5相当のイメージです。

2020/11/12
Marvel’s Spider-Man Remastered【PS5 / PC(2022)】 / Metascore:87

PS5のローンチに合わせてMarvel’s Spider-manシリーズ1作目がリマスターされました。Insomniac Games自身によるリマスタリング。本作と新作のMiles Moralesは2年後のほぼ同時期にPCポートされました。

ちなみにいずれのPCポートもNixxes Softwareが担当。同スタジオは2021年にSIEに買収されましたが、Playstation studios入りしてからの初めての仕事がスパイダーマンのPCポートでした。

2020年PS4からPS5への移行・過渡期1年目となりました。供給不足のため、PS5への完全移行はしばらく足踏みが続くことになります。

PS5のローンチにはデモンズ・スパイダーマンを用意しましたが、前者はリメイク、後者はナンバリング無しと少し小粒な印象でした。

また、この年はJapan Studio最後の作品であるAstro’s Playroom ( PS5にプリインストールされている作品 ) が発表された年でもあります。

本作を開発したTeam Asobiは元々Japan Studio内のいちチームでしたが、2021年に独立スタジオに格上げされ、実質Japan Studioの後継スタジオとなっています。

2021年【PS5 1年目】

2021/4/30
Returnal【PS5 / PC(2023)】 / Metascore:86

HousemarqueによるローグライクTPS。縦マルチ無しPS5独占の新規IPで、次世代のゲーム体験はここから始まるというようなワクワク感がありました。

ハウスマークはこれまでもSIEと距離が近いスタジオでしたが、本作の成功後に買収が決まりPlaystation studio入りとなりました。

2021/6/11
Ratchet & Clank: Rift Apart【PS5 / PC(2023)】 / Metascore:88

2016年のPS4ラチェクラに引き続き、PS5でもInsominac Gamesはラチェクラをリリースしました。ジャンルは変わらずTPSプラットフォーマー

PS5の特徴でもあるロードの速さを活かしたゲームデザインになっており、本作も次世代機のベンチマークタイトルとなりました。なお、2年後のPCポートはスパイダーマンに引き続きNixxes Softwareが担当。

2021/8/20
Ghost of Tsushima Director’s Cut【PS5 / PS4 / PC(2024)】 / Metascore:87

昨年リリースされた本編の拡張ディレクターズカット版です。「壹岐之譚」というストーリーの追加など、色々手が入っています。

3年後にはNixxes SoftwareによるPCポートが実施されました。

2021/9/24
Death Stranding Director’s Cut【PS5 / PC(2022)】 / Metascore:85

一昨年リリースされた本編のPS5向け拡張ディレクターズカット版です。様々な要素が追加されていますが、ストーリーの追加はありません。

2021年はまだPS4からPS5への移行・過渡期2年目といった雰囲気でした。まだまだ需要に対する供給が追い付いていませんでした。

次世代機ライフサイクル初期とあって、旧世代タイトルの次世代向け再リリースが多かったです。一方でPS4縦マルチを切った新作もリリースされましたが、PS5の供給が追い付いていないため売り上げ的には苦戦していた印象です。

2022年【PS5 2年目】

2022/1/28
Uncharted: Legacy of Thieves Collection【PS5 / PC(2022)】 / Metascore:87

PS4時代のアンチャーテッド2作 ( ナンバリングと追加DLC ) がまとめてリマスターされました。Naughty Dog自身によるリマスタリングです。PS5リリースの9カ月後にはPC版もリリースされました。

2022/2/18
Horizon Forbidden West【PS5 / PS4 / PC(2024)】 / Metascore:88

Guerilla Gamesによるオープンワールド・アクションRPG最新作。次世代機向けの大作がようやく登場しましたが、惜しむらくはPS4との縦マルチを切れなかったことです。PS5の普及率を睨んでの判断だったと思われます。

前作はゼルダ ブレワイと発売日が被ってしまいましたが、本作はエルデンリングと発売日がニアミスしてしまいました。人気シリーズではありますが、その年のGOTYに潰されるような構図が続いてしまいました。

2022/3/4
グランツーリスモ7【PS5 / PS4】 / Metascore:87

Polyphony DigitalによるPS5世代のグランツーリスモ。前世代で一度外れてしまったナンバリングが復活しており、ライブサービス型のタイトルとして現在も運営中。

ハイエンドなリアルドライブシミュレータというのがシリーズのコンセプトかと思いますが、ホライゾンと同じくPS4との縦マルチを切れず…。本作もPS5の低普及率がネックになってしまいました。

2022/9/2
The Last of Us Part I【PS5 / PC(2023)】 / Metascore:89

Naughty Dog自身によるラスアス1作目のリメイク。翌年放送予定のTVドラマ版に先駆けてのリリースとなりました。IPを大きく育てようという戦略がはっきり見て取れます。

なお、翌年に実施されたPCポートはクオリティが低く炎上してしまいました。Nixxes Softwareが担当していればクオリティを保てたと思われますが、NixxesにPCポートを任せたい作品が多すぎて渋滞を起こしてしまっています。

2022/11/9
God of War Ragnarök【PS5 / PS4】 / Metascore:94

Santa Monica Studioによるアクションアドベンチャー最新作。前世代で北欧神話をモチーフにリブートされたGoWですが、リブート続編の本作は北欧シリーズ完結編となりました。

前作は最多GOTYに輝きましたが、本年はエルデンリングという強すぎる対抗に負けてしまいGOTY次点となりました。なおホライゾン・グランツーリスモと同様に、本作もPS4との縦マルチです。

2022年もまだまだPS4からPS5への移行・過渡期3年目といった雰囲気でした。今年に関してはSIE自身がPS4縦マルチでラインナップ展開しており、暗にPS5の普及率に課題があることを認めている様子でした。

一方で、ホライゾン・ゴッドオブウォーといった大作がリリースされたのは喜ばしかったです。特にゴッドオブウォーは例年ならGOTYを狙えるクオリティでしたが、今年に限ってはエルデンリングの後塵に拝してしまいました。

2023年【PS5 3年目】

2023/4/19
Horizon Forbidden West: Burning Shores【PS5 / PC(2024)】 / Metascore:82

本編の翌年にリリースされた本DLCでは追加ストーリーが描かれましたが、PS4縦マルチを切ったため物議をかもしました。ちなみに邦題は「Horizon Forbidden West:灼熱の海辺」で、前作DLCに引き続きやはりダサいです。

翌年には本編抱合せ完全版のPCポートがNixxes Softwareにより実施されました。

2023/10/20
Marvel’s Spider-Man 2【PS5】 / Metascore:90

Insomniac Gamesによるオープンワールド・アクションアドベンチャー最新作。PS5ローンチでリリースされた前作はナンバリングが付かない中規模タイトルでしたが、本作はナンバリング復活の大作となりました。

この年のSIEは特に弾が少なく、DLCやVRタイトルを除くと本作が唯一の弾でした。ヘルダイバー2やステラ―ブレイドは元々2023年リリース予定だったと噂されており、この辺の開発遅れが影響したと思われます。

2023/12/13
God of War Ragnarök: Valhalla【PS5 / PS4】 / Metascore:88

The Game Awaridsにて存在が明らかになった追加DLCストーリー。翌週に無料DLCとしてリリースされるとあって話題になりました。

2023年PS5の品薄がようやく解消され、ファーストタイトルのPS4縦マルチが解消された年でした。一方で、この年はハード普及を後押しするはずのSIEラインナップが明らかに弱く、残念でした。

この事態は、開発遅れにより翌年リリースに回った作品のせいだと言えます。しかしそれよりも重要な真因として、Jim Ryan元CEOが推し進めていたライブサービス型ゲーム重視の戦略ミスが挙げられると考えています。

あわせて読みたい
SIEが掲げていた12本のライブサービスゲームの内訳を考えてみる SIE PlayStation Studiosの主力スタジオによるストーリードリブンAAAタイトルにはファンが多いです。しかし、Jim Ryan元CEO体制末期の戦略ミス影響を受けてタイトル発表ペースが落ちてしまっています。何が起こっているか自分なりに調べてまとめたので公開します。

2024年【PS5 4年目】

2024/1/19
The Last of Us Part ll Remastered【PS5】 / Metascore:90

Naughty Dogは2020年のラスアス2リリース以来、ライブサービス型のラスアスマルチの開発に多大なリソースを割いてきましたが、結局昨年末にそのプロジェクトは正式にキャンセルされました。

リマスターは、新作までの空白期間を埋めつつ、TVドラマでフランチャイズに初めて触れた新ユーザーに最新作を遊んでもらうために開発したのだと思われます。マルチで開発していた要素も一部取り入れているそうです。

2014/2/8
Helldivers 2【PS5 / PC(同発)】 / Metascore:82

Arrowhead Game Studiosによる協力型TPS。2015年にリリースされた前作は見下ろし型のPvEでしたが、本作はTPSに変更となりました。

SIEラインナップとしては初のPC同発マルチでの展開となりました。おそらくSIE自身も予期していなかった大ヒットとなりましたが、PC同発マルチというのが大きかったです。

キャンセルを免れたライブサービス型のゲームが今後もリリース予定ですが、いずれも同発でのPCマルチとなる見込みです。

2024/3/22
Rise of the Ronin【PS5】 / Metascore:76

SIEとTeam NINJAのタッグによる新規IPオープンワールド・アクションRPG。SIE × Team NINJAというと仁王シリーズが思い浮かびますが、実は国外では仁王 = SIEパブ作品でした ( 日本国内ではコエテクによる自社パブ ) 。

本作は、仁王開発時のSIEパートナーシップをさらに強化して制作された作品です。その意味で、本作は仁王の系譜だと捉えることができます。

ビジュアルの古さ、オープンワールドデザインの古さからMetascoreは若干厳しめの評価ですが、減点式ではなく加点式で点数を付ける人が多いUser scoreの方は好評です。

2024/4/26
Stellar Blade【PS5】 / Metascore:82

韓国のゲームスタジオShift Upによる新規IPアクションアドベンチャー。開発途中でSIEとのパートナーシップ契約が締結されてニュースになりました。

Shift Upというスタジオはコンシューマ向けのゲーム開発は本作が初めてとのことです。1作目でこのクオリティとなると、次回作には俄然期待です。

2024年は、( ラスアス2・ヘルダイバー2以降は ) 既存IPの新作リリースが無い年だとSIE自身が報じています。今年リリースの他作品としては、Concordが開発遅れ無くリリースされるかどうかといったところでしょうか。

PS4 / PS5世代でのSIEラインナップまとめ

スタジオ毎にSIEラインナップをまとめてみました。メインタイトルは太線で、リメイク・リマスター・DLC・Housemarqueのロープライス作品は細線で囲っています。

このように俯瞰してみると、各年最低限のラインナップを確保していることや、貢献度の高いスタジオと低いスタジオがはっきりしていることが分かります。

近年はSIEがライブサービス型の作品に注力する方針を掲げたり、その方針を縮小したり、そのあおりでPlaystation studiosでレイオフが発生したり、かなりドタバタとしています。

あわせて読みたい
SIEが掲げていた12本のライブサービスゲームの内訳を考えてみる SIE PlayStation Studiosの主力スタジオによるストーリードリブンAAAタイトルにはファンが多いです。しかし、Jim Ryan元CEO体制末期の戦略ミス影響を受けてタイトル発表ペースが落ちてしまっています。何が起こっているか自分なりに調べてまとめたので公開します。

今後はなんとか持ち直してもらって、これからも良い作品を世に出していってほしいです。

以上です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次